スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Night Hike

ナイトハイク201318


秋も深まり、冬が始まる一歩手前の頃のお話















仕事を終わらせ、車を走らせる
向かうは、吾妻山

今回は山頂経由で大膳原
僕は到着が遅くなるので
chihiroさん sobaさん mi~papaさん hasuさん達には先に出発してもらった 





















ナイトハイク201304

駐車場には予定よりも早く着いた
しっかりストレッチをし、出発

夜風が凛としていて、なんだか気が引き締まる
この日は月が明るくライト無しでも歩けるほど



登り始めてすぐ 山頂付近にいくつかの光が見えた
sobaさん達だ!
ヘッドライトを点滅させて交信する
夜道はやはり心細かったので勇気づけられた!




とは言うものの
吾妻山山系にはツキノワグマが生息しているし
前回のハイクではみ~ぱぱさんが小さからぬ獣と遭遇している

持っているミニベルのささやくような金の音では、どうにも心もとなく
ホイッスルを吹きながら山頂を目指した

































ナイトハイク201302


ナイトハイク201303

吾妻山 山頂
稜線上は風が吹き荒れ、体感温度を下げる
ゆっくり写真を撮る気でいたが、それも面倒ですぐに出発する

下りでも、みんながライトで合図を送ってくれ、気持ちが上がる
足取りは軽く、スタスタと駆け下りたい気分だったが、
ここで調子に乗ると、また脚を痛めてしまいそうなので慎重に









目的地 到着!

が、テントが無い!

どうやら今回は小屋泊のようだ
賛成である
























ナイトハイク201307

ナイトハイク201305

小屋に入ってすぐに目に留まったのが
MYOGのトランギアヒータ

あいた口が塞がらなかった
試作段階だそうだが、かなり暖かく、燃費も良い!
燃料満タンで40分程度燃焼する

テントの全室で使えばかなりの効果が期待できそう(もちろん自己責任の範疇)
み~ぱぱさんのアイデアにはいつも驚かされるし、
そもそも、手がけるのが早い  その情熱には感服です 匠
































ナイトハイク201306


ナイトハイク201308

山屋のchihiroさんのザックからは 武井101が出てきたり
hasuさんのギアを見て購買意欲を刺激されたり
楽しい宴は遅くまで続いた

翌日は雨予報だったので、小屋泊が無難だったのだけれど
外に出る度に、美しい月夜が広がっていて
外寝の誘惑には勝てなかった


































ナイトハイク201310


ナイトハイク201311


ナイトハイク201309

さっさとタープを設営し、寝床を造る
yole yoleを聴き、美しい月と星を見ているうちに
いつの間にか眠りについていた

















































ナイトハイク201314

ナイトハイク201312

昨晩はしこたま飲んだのに
寝覚めの良い目覚めだった





























ナイトハイク201313

霧が立ち込むテン場のド真ん中






























ナイトハイク201316

むくっと起きる匠
外寝の誘惑に勝てなかった人

ビビィ+傘寝 とっても気持ち良さそうでした








































ナイトハイク201318


ナイトハイク201317


ナイトハイク201315

AMK Escape Bivy は初めて使いました
前評判の割には僕は好きです

やはりじんわりと結露はしますが問題は無かったです
そもそも僕は発汗量が少なめなので、それがよかったのか、どうなのか

この後も何度か使用しましたが、今のところ調子イイです
値段も他と比べるとお手軽だし、気に入っています
(フードが小さいのが残念ですが)




































ナイトハイク201319

ナイトハイク201320

朝は食が細く(飲みすぎで)
カフェオレと菓子パンを無理やり流し込む

午後から用事があったので、皆さまとはここでお別れし
独り岐路に着く












































ナイトハイク201324


ナイトハイク201321


ナイトハイク201322


紅葉の盛は過ぎていたけれど、
とても楽しくノンビリ歩けました
(途中、獣が暴れたであろう痕跡にビビりましたが)





今回は、かなり自作欲を刺激されました
広島発トランギアヒーターの完成が楽しみです






















ナイトハイク201323




おしまい
Goatee.outdoor







スポンサーサイト
profile

kenzi

Author:kenzi
From Hiroshima

Hike + Fishing + Fes + Camp
Outdoorを中心にお届けします





etc
Categories
shop
link
オススメ blog
monthly archive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

search
free



by blog Pitatto!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。