スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mt.Dake

MtDake1001.jpg




再び岳山へ

続きをどうぞ



























MtDake1003.jpg

寒波の影響で登山口から雪が積もっていた
先行者がおらず、トレースも無し
真白な雪原を歩いて行く



























MtDake1002.jpg

しばらく進むと誰かの足跡
鹿か兎か
彼が途中まで案内してくれた






























MtDake1005.jpg





























MtDake1004.jpg

Hillsound Free Steps 6 (size M)
コレいいです!

































MtDake1007.jpg

MtDake1011.jpg

体が慣れてくると、ペースも上がってくるが
あまり汗をかかないようセーブして歩いた












































MtDake1009.jpg

MtDake1010.jpg

岳山山頂~前岳までは「尾根道」と書いてあったので
てっきり視界が開けると思っていましたが
この通り 林の中を歩いていきます

だけど、フラットな雪道は最高です



































MtDake1012.jpg

MtDake1006.jpg

やはり青空の下で歩くのが気持ちいい


そういえば岳山と前岳のピークを踏みましたが、
さして感動は無かった

眺望がいまひとつ というのもあるのだろうけど
大して「頂上」というものに関心が無いのかも

美しい景色の中を歩けるのなら山頂はスルーしても問題なし



































MtDake1014.jpg

MtDake1015.jpg

お昼は
野菜たっぷりチャーシュー麺























MtDake1016.jpg

頂いたコジーを使いたいが為のラーメン

アストロフォイルはすごいですね
熱湯が入った器を持っても、全く熱さを感じません
それだけ断熱性能に優れてるってこと


麺を食べた後の おつゆ に高菜おにぎりを入れて
ズルズルっと流し込む
山飯って最高!!




































MtDake1017.jpg

MtDake1018.jpg

むなしくセルフタイマーの音だけが鳴り響く
誰かに見られていないか、注意深く辺りを確認した







荷物は多め、心配性は相変わらず
































MtDake1019.jpg

この山の尾根を歩いて来たのかと思うと
なんだか感慨深い















単独だからこそ、より近くに自然を感じれたし
1人遊びも楽しいなって、改めて思った

独歩・里山 故に増すリスク
「ビビったら、引き返す」
そんな勇気を忘れず楽しみたい 






Goatee.outdoorでした












スポンサーサイト
profile

kenzi

Author:kenzi
From Hiroshima

Hike + Fishing + Fes + Camp
Outdoorを中心にお届けします





etc
Categories
shop
link
オススメ blog
monthly archive
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

search
free



by blog Pitatto!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。